『ブルーベリージャム』を作ってみた。やめられないとまらないやつ。

おはようございます!

最近、夜は20℃を下回るので若干寒いです。

なのにやっと蝉が鳴き始めました。笑

 

さて、大量にゲットしたブルーベリーですが、これがとても甘くて美味しい。

木から摘み取った常温のブルーベリーでも甘い、全然酸味が気になりません。

冷やすと一層美味しさがわかります。

よって、食べ始めたら葡萄のように手が止まりません。

 

ブルーベリージャム


ブルーベリーがあるならば、もちろんジャムにするでしょう。

<ブルーベリージャム>

ブルーベリー:500g

粗糖:100g *保存能力を考慮すると、30%~50%が望ましい。

はちみつ:大さじ2 *今回はアカシアを使用

お酢:大さじ1 *レモン、クエン酸の方が良い

ブルーベリー自体が甘くて、砂糖いらないのではと思う程でした。

なので、砂糖はブルーベリーに対して20%とかなり控え目にしました。

 

①ブルーベリーを煮る

ブルーベリーを鍋に入れ、弱火で煮始める。焦げないようにそっとかき混ぜながら。

 

②砂糖とお酢を投入

ブルーベリーから水分が出てきたら、砂糖とお酢を投入する。

中火にして焦げないように混ぜながら、さらに煮詰める。

テリッとしてきて飴のよう、やっぱり砂糖いらないくらい甘くてすでにジャムでした。

 

③ジャム完成

ブルーベリーが溶けて、トロッとしてきたら完成です。

固さや粒残りは好みになりますが、今回は素材重視で粒残り多めで完成としました。

 

④瓶に入れて保存

熱いうちに煮沸消毒した瓶に入れて保存します。

100~150mlくらいの小さい小瓶が6つできました。

 

出来上がりすぐにパンを焼いて試食しました。

止まらなくてどうしようかと思いました。笑

ヨーグルトにかけてももちろん美味しかったです。

砂糖少なめで作ったので、早く食べてしまわないといけません。笑

 

残りは冷凍保存


酵素ジュースとジャムにしましたが、まだまだ余っているブルーベリー。

冷凍保存です。

軽く洗って、キッチンペーパーで粗々水気を取ります。

ジップロックに入れて、冷凍庫へ。

ブルーベリーは冷凍しても栄養素など、ほとんど劣化しないみたいです。

そのままヨーグルトやスイーツにトッピングしてもよし。

ジャム作りに使ってもよし、万能ですね、ブルーベリー。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする