『梅の酵素漬け』北海道の青梅を使用、実も美味しく食べたい

北海道の青梅で『梅の酵素漬け』


完熟梅の白干しに続き、青梅も小ぶりながら立派なもの。

この青梅は今年豊作で、収穫時は鈴なりに実が成っていたそうです。

①梅の下処理

完熟梅と同様、水で洗って、ヘタを取って、軽く水気を拭き取ります。

 

②瓶詰めの準備

同じく、煮沸した瓶を用意します。

それから、酵素はスーパーオータカ1200mlを用意しました。

 

②酵素漬け

瓶に青梅を入れて、その上にスーパーオータカを注ぎます。

完成です。簡単。笑

あとは待つのみ。

 

—— ——追記 2018.8.7 —— —— ——

1週間後、梅がシワシワになってきましたー。

酵素に梅エキスが出て梅の味がする、梅酵素になっていました。美味しいです。

梅の実はちょっと渋い〜もう少しかなという感じです。

チビチビと味わって飲んでいきたいと思います。

—— —— —— —— —— —— —— —— ——

 

<青梅の酵素漬け>

青梅:1kg

スーパーオータカ:1200ml

密封できる瓶:容量2L

密封できる瓶は、おなじみセラーメイトのものを愛用しています。

セラーメイト商品一覧へ

青梅は酵素ジュースにしようか迷ったんですが、、、

酵素ジュースにすると、梅エキスが外に出て実はカスカスになって食べられません。

実も食べたいと思ったので、今回は酵素漬けにしてみました。

 

ということで、今年の梅は白干しと酵素漬けにしてみました。

美味しくなることを祈って、楽しみに待ちます。

 

梅のこと


梅はバラ科サクラ属の木、成る実を梅という。

梅は熟しても甘くならない、強い酸味が特徴の果実。

梅の木の原産は中国です。約2000年前の中国最古の薬物学書『神農本草経』に「梅」についての記載があるようです。梅はすごい古いですね。

日本には約1500年前、薬用の烏梅(ウバイ)として入ってきたそうです。

現存最古の和歌集『万葉集』にも梅を詠んだ歌が数多くあります。

梅の花や香りを読んだ歌が多いようですね。綺麗ですもんね梅の花。

 

梅の実は、完熟梅は梅干しに、青梅や小梅は梅酒に使うのがオススメなようです。

梅の主な生産地を調べてみたんですが、ダントツで和歌山県で80%でした。

和歌山県の梅は、日本の梅と日本人の健康を支えているんですね〜感謝ですね。

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする