『ブルーベリーの酵素ジュース』を作ってみた。贅沢ジュースである。

おはようございます!

北海道は今日もお天気で、過ごしやすいです。

 

週末はブルーベリー狩りに行ってきました。

背丈ほどの高さの木にたくさん成っているブルーベリー、ひとつひとつ手で摘みます。

摘めばポロッと取れるので簡単ですが、ひとつひとつとなると大事です。

食べながら、摘みながら、食べながらで、終わる頃にはお腹がタプタプになってしまいました。(汗)

友人数人みんな無言で食べる&摘むに徹したので、たくさん収穫できましたー。

楽しかったですねー。

 

ブルーベリーの酵素ジュース


まずは、最近我が家の定番となりつつある旬の果物の酵素ジュースです。

今回のブルーベリーは、王道の作り方で作ってみます。

<ブルーベリーの酵素ジュース>

ブルーベリー:500g

上白糖:550g

密封できる瓶:容量2L

①ブルーベリーの下処理

ブルーベリーはサッと洗って、キッチンペーパーで水気を取ります。

今回のブルーベリーは無農薬なので、汚れを落とすぐらいの軽い洗いです。

 

②瓶詰め

一番下に上白糖をひいて、ブルーベリー砂糖ブルーベリーと入れていきます。

最後は砂糖で蓋をします。砂糖の配分に気をつけて。

 

③ガーゼで蓋をする

発酵することを考慮してゴムパッキンを外し、ガーゼを被せて蓋をしました。

これで、数日置きます。

 

以上。

・ブルーベリーと砂糖は酵素ジュースの黄金比率、1:1.1です。

・砂糖は甜菜糖、粗糖、黒糖、色々迷ったのですが、王道の精製された上白糖にしました。

・上白糖は甜菜糖100%の「スズラン印の上白糖」を使いました。上白糖にも原料がきび砂糖のもの、きび砂糖&甜菜糖のもの、などがあるということ知りませんでした。。。

・ブルーベリーを潰しながら瓶詰めする方が砂糖の溶けが早いかもしれませんが、今回はままでいきます。うまく砂糖と溶けてくれるのか心配ですが、様子を見ながらですね。

・砂糖が溶け始めたら水で洗った手で、1日1回かき混ぜます。手の常在菌が発酵を助けるから石鹸使っちゃダメだよ、と酵素ジュース作りの上手な方に教えてもらいました。

・密封できる瓶は、おなじみセラーメイトのものを愛用しています。

セラーメイト 取手付密封びん 2Lへ

セラーメイト商品一覧へ

 

酵素ジュースは発酵の過程が楽しめるから好きです。

楽しみですね〜。

ブルーベリージャムに続きます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする