子宮筋腫を改善したくて、生理用ナプキンを見直しました。

こんにちは、あぐりのわです。

20代半ばに子宮筋腫が発覚しました。

30歳を過ぎた現在、子宮筋腫改善に取り組む日々は「妻は子宮筋腫と把手共行」タグでお送りしています。

記録と情報提供(同じ悩みを抱える人へ)として、書き留めていきたいと思います。

子宮筋腫を改善したくて、生理用ナプキンを見直しました。


子宮筋腫が発覚したのは20代半ば、子宮筋腫改善のために出来ること調べる中で経皮毒のことを知りました。

経皮毒は「皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること」だそうで、腕の内側の吸収率を1とした時、性器の吸収率は42倍と言われています。

そして、市販されている生理用ナプキンのほんとんどは、石油原料の化学繊維でできています。

つまり、経皮毒の吸収率が42倍の性器に化学繊維(石油)をつけている。

この事実に愕然として、化学繊維の生理用ナプキンを使うことをやめました。

薬局で買える市販の生理用ナプキンをやめて、天然繊維の生理用ナプキンを使う。

これは子宮筋腫改善のために一番手軽に出来ることです。

天然繊維の生理用ナプキンは市販のものに比べて高いです。でもよくよく考えたら、市販の生理用ナプキンが安すぎるのかなと。

毎月のこと、一生のこと、だと思うと市販のナプキンの出費でも安くないかもしれませんが…それで子宮の健康が守れるなら、しかるべき出費、安い出費な気がします。

生理用ナプキンを変えたら、生理が変わった


生理用ナプキンを変えたら、生理が変わりました。

・生理痛が軽減された(腰痛、腹痛、だるさ、眠気など)

・経血量が減り、生理が早く終わるようになった

・冷え性が少し改善された

など、明らかな変化を感じました。

生理痛について、過去記事「20代半ばで子宮筋腫が発覚しました」より抜粋↓

社会人になって生理痛が少し辛くなったかなーと感じる程度で、不調で休むほどではありませんでした。(デスクワークだったのでなんとかなっていたのかもしれませんが。)

子宮筋腫の発覚後、よくよく考えてみれば…生理痛が酷くなってきて腰痛も出だしたかも?という感じでした。

・生理前の眠気が酷くなった。

・生理痛が酷くなった、腰痛と下腹部に鈍痛がある。

・頻尿が酷くなった。(もともと頻尿、子宮筋腫により圧迫された?)

・気をぬくと、どっと眠気やだるさが押し寄せる。

・10代に比べて、経血量が増えた気がする。

生理痛が軽減されたことはとても嬉しかったですが、経皮毒の怖さも実感しました。

もっと早く知りたかったですが、このタイミングで気付けた私は幸いです。

オススメ生理用ナプキン


私が使っている(使っていた)オススメ生理用ナプキンです。

・株式会社ウィナライトジャパンのララムーン

タイプはレギュラー、ロング、パンティーライナーの3種類あります。

個人的には一番オススメの生理用ナプキンです。

一枚一枚の梱包も丁寧で清潔、安心して持ち運びができるし、ナプキンの作りもしっかりしています。

何よりイチオシの理由は、つけ心地がサラサラで気持ちいいこと。とりあえず、一度付けてみて体感してほしい。

あと、なんでかこれを付けると体がじんわり温かくなります。トルマリン配合センターテープというものの効果なのでしょうか。

お値段は少々お高いですが、出す価値はあると思います。

ただ、取り扱っているお店があまりなく、店頭で見たことはありません。もしかしたら、都心だと店頭で取り扱ってるとこもだとあるのかも。

・ナトラケア社のナトラケア

オーガニックコットン使用で、6つのフリーを実現したナプキンです。

6つのフリー:農薬フリー/完全塩素フリー(TCF)/高分子吸収体フリー/プラスチックフリー/香料フリー/添加物フリー


ナトラケア オーガニック 生理用ナプキン ウルトラパッド ノーマル (ふつうの日用・羽根付き) 12個入り


ナトラケア(Natracare) ナチュラル パンティーライナー(トング) 30枚 [海外直送][並行輸入品]

ナトラケアはサラッとしていてつけ心地も良く、コスパがいい。

羽根有り無しやサイズも色々あるので、お好みのタイプを選べます。

私はいつもiHarbというサイトでまとめ買いして、お得に購入しています。

海外製品のため個包装されておらず、ナプキンが箱・袋にそのまま入っているので、最初は少し抵抗があるかも。持ち運びにはジップロックなど工夫が必要です。

こちらも店頭販売はあまり見かけなかったのですが、この間コスメキッチンの店舗で売っているのを見ました。製品情報コチラ

しかも、コスメキッチンで販売しているものは、個包装されていた気がします。。。

布ナプキンも良い


私は布ナプキンも使っています。

布ナプキンも先のナプキン同様の効果が実感としてありました。

ただ、布ナプキンはお手入れが必要で、使い慣れるまでに時間がかかります。

最初は不安だったので、生理用ナプキンの上に布ナプキンを敷いて使い始めました。

そのうちに経血が減り、経血コントロール(トイレで経血を出すこと)もある程度出来るようになってきたので、今では布ナプキンも慣れたものです。

今は、外出時は生理用ナプキンを使用し、在宅の日は布ナプキンを使うことが多いです。

布ナプキンの方が経血コントロールを意識するので、私は布ナプキンの方が良いかな。

経血コントロール、いきなり話に出してしまいましたが。。。

その昔(まだ生理用ナプキンがない時代)女性の多くは経血を意識的にコントロールして、トイレでおしっこをするように経血を出せたそうです。

それを知って以来、経血コントロールしたいと思って、意識してたら少しずつ出来るようになってきました。なんというか、とりあえず経血を我慢する感じ…笑

私調べ(知人友人に聞いてみた)ですが、筋肉質な人は経血コントロール割と出来るみたいです。

以上、子宮筋腫が発覚してしたことのひとつ、生理用ナプキンを変えてみたら起きたことをまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする