夫のアトピーも紆余曲折すれば夫婦の肥やし

私の夫はアトピーです。それも歴30年のそこそこ重たいやつです。

 

アトピーってなに?


恥ずかしながら、私は夫と生活するまでアトピーが何なのかよくわかっていませんでした。

周りにアトピーの人がいなくて、いやいたかもしれませんが、意識したことがなかったんです。

私がアトピーの深刻さを知ったのは、寝ている時でした。

夜中にボリボリという音で目が覚めました。

なんだと思って見てみれば、夫が体をかきむしっている音です。

ありゃー、これは大変だ、と思いました。

それからアトピーについて調べ始めました。

 

なんとかしたい私と放っておいてほしい夫


アトピーの情報を取り込むうちに、なんとかできないだろうかというお節介な気持ちが湧いてきました。

アトピーに効きそうな健康食品や化粧品を見つけては、試してみたら?とか、この食材体に良いから買って来たし食べよう、とか。

それは食べない方がいいんじゃない、あれは飲まない方がいいんじゃない、とか。

最初は渋々ながらも何も言わず付き合ってくれていた夫ですが、数ヶ月後にはキレました。

もう俺のアトピーのことは放っておいてくれ!

治せるもんならやってるわ!と。

そりゃそうですね。夫は30年もアトピーと付き合ってきたんです。

それまで何もしてこなかったわけではありません。

一見さんの私なんかが簡単に敷居をまたいでくれるな、ということです。

 

しつこい私と呆れる夫


それでも私はめげませんでした。しつこかったです。

あの時の私は夫にとって相当ストレスだったと思います。

放っといてと言われちゃったから、導入するアプローチ方法から考えないと…なんて。

しれっとごはんに紛れ込ませたり、貰い物だと言って食べさせたり、悪そうなものは買うのを辞めたり。

相変わらず手を替え品を替えお節介する私に、夫が呆れ始めました。

ちょっともう夫婦関係もギクシャクです。

 

そんな中で起きた奇跡


ギクシャク…だったんですが、なんと奇跡が起きました。

夫「これちょーっとだけ効果あるかも、まだわからないけど。」

私「え?!まじ???」

ガッツポーズです。やりました、勝訴です。

夫の心を動かしたのは大高酵素でした。大高酵素については次の記事で詳しく。

そんなことがあって、私のお節介は解禁されました。

 

一緒に向き合う夫婦に


お節介は解禁されたのですが、夫は条件を出しました。

・引き算は2人で一緒にやる。

例えば、牛乳を辞めてみる場合、私も牛乳は飲まない。

・足し算は1つずつ。

例えば、酵素を取り入れるなら、酵素だけ。他の健康食品は併用しない。併用したら効果のほどがわからなくなるから。

・無理してはやらない

例えば、どうしても食べたいときは食べる。飲み会や外食などの付き合いの場には持ち込まない、など。

その他、都度話し合って条件は増えていきました。

そうしたらだんだん夫と私とアトピーの距離感が安定していきました。

それが私と夫の1年目でした。

 

こうして書いていて、私はなんと強引な…と思いました。

私が夫だったら、離婚だとか言い出しててもおかしくない…

でも、私は夫のアトピーを暗黙の了解というか、腫れ物的なものにしたくなかったのです。

これから長い付き合いになりますから。

要は私も交ぜて!ってことなんですが、入り方がまずかったんですねー。笑

まあでも紆余曲折の結果、私は仲間に入れてもらえました。

アトピーを夫婦の肥やしにしてやったわけです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする