転勤妻は北海道で求職活動をしてみた

こんにちはyu-riです。

夫の転勤で北海道にやってきた転勤妻です。

北海道に来たのは1年前、夏の終わり頃でした。

荷解きが落ち着き、生活圏の雰囲気にも慣れてきたのは秋に差し掛かった頃で、ぼちぼちと求職活動を始めました。

北海道での求職活動は、北海道ならでは?な予想外な壁が多く、私のぶつかった求職の壁をご紹介したいと思います。


1. まずは失業給付を申請

求職活動の前に、夫の転勤が決まって私がまず最初にしたことは失業給付の申請準備です。

3ヶ月の受給制限ナシ、被保険者期間6ヶ月以上でOK、の「特定理由離職者」での申請です。

「特定理由離職者」の失業給付申請についてはこちらの記事をドーゾ↓

求職活動の前に、失業手当の手続きは何より重要です。

引っ越すまでの間に必要な書類や資料は全て準備、引っ越したらまずハローワークへ行って、失業給付の申請です。

それが終わったらいよいよ求職活動の開始です。


2. 北海道(の地方)の求人は季節雇用・滞在型が多い

関西・関東在住経験の私から見て、北海道の求人少し変わっています。

北海道の、と言いましたが正確には北海道の地方、田舎の方です。

まず、季節雇用の求人が非常に多い。

私がハローワークを訪れたのは9月頃。

季節の変わり目で求人が少ない時期でしたが、「野菜の選別作業や箱詰め作業〜10月まで」「有名菓子店の店頭販売員〜11月まで」といった求人が目につきました。

11月に入ると、「スキー場や温泉のリゾートバイト」や「除雪作業」の求人が増えてきました。

雪が溶け始めた翌4月になると、「農作業の手伝い」や「農場の収穫・出荷作業」の求人が続々と出てきました。

季節ごとに出てくる求人が目まぐるしく変わるので、毎回求人情報を見るのが面白かったです。

そして、これらの多くは住宅補助あり・寮完備といった待遇がほとんどで、滞在型の求人でもありました。

北海道(の地方)は季節雇用・滞在型の求人が多いのが特徴です。

聞いた話ですが、地元の農家さんは夏は農作業、冬は除雪という働き方をしている人も多いとか。

リゾート地では夏(冬)だけ働いて、冬(夏)は道外で過ごすという人も多いそう。

北海道という気候の特徴もあって、雇用のあり方や働き方が海外っぽいなと思いました。


3. 求職活動の壁1:希望の仕事がない

さて本題の求職活動ですが、私が北海道に引っ越してきたのは9月、北海道は秋真っ只中でした。

早々に失業給付の申請を済ませ、荷ほどきと生活圏の把握をしつつ、ハローワークに通うことから始めました。

私は大学を卒業してからデザイン職でやってきたので、デザインの仕事があればいいな〜、でも好きな分野までは選べないだろうな〜?くらいの気持ちでした。

いざ、ハローワークの窓口にて…

私:「デザイン職希望なんですけど、何かありますか?」

職:「ないですねー。土地柄デザインの仕事はなかなかね〜。笑」

私:「そうですか…」

という結果。

無いものは無い。事実は受け入れるしかなく、唯一の武器が使えないとなって、私の活動意欲は早々に低下してしまいました。


とはいえ、じゃあ仕事しないでいいのか?と言われたら、そうはいかない。

夫はどっちでもいいと言ってくれましたが、いうほど家計に余裕があるわ家でもなく、たまには贅沢もしたいですし。

何より、世間では働き盛りの30歳なので、働いていない自分が嫌という気持ちが勝ちました。

気持ちを切り替えてデザイン職は諦め、手広く探してみることにしました。


4. 求職活動の壁2:満足な時給ではない

デザイン職が無いなら、飲食店がいい。なんならオシャレで素材やフードにこだわりのあるカフェなんかがいいなーと思いました。

ハローワークの求人には思うようなカフェの求人が無かったので、地道に近所を回ってカフェを物色しました。

気になるカフェに目星を付け、求人情報をチェック…の所で立止まりました。

予想以上に、時給が低い。

学生時代にしていたアルバイトの方が高いくらいでした。

ある程度低いことは覚悟していましたが、いざ目の前にすると全然納得いかないもんですね。

こんなことならいっそ海外転勤の方がよかったな。(海外だと赴任手当があるので…)と悪いことを思ってしまいました。


またもここで活動意欲低下してしまいましたが…文句ばかりも言ってられません。

こうなったら職種問わず時給の良い仕事、時給が低くてもやりがいを感じられそうな仕事、何かないかなーとたくさん探しました。

もう居住区付近のハローワーク求人は見尽くしたと思います。

そんな甲斐あってか、近場のリゾート地(家からは少し遠い)にある高時給のカフェの求人を見つけました。


5. 求職活動の壁3:雪で通えない

やっとの思いで見つけた高時給のお洒落なカフェの求人、早速ハローワークに駆け込みました。

私:「このカフェの求人に応募したいんですが!」

職:「はい、応募の手続き進めます。」

私:「お願いします!」

職:「ここは特に雪の深い地域ですけど、冬でも車通勤できますか?」

私:「え?雪?」

・・・できるんでしょうか?私が聞きたい。

ずっとペーパードライバーだった私は、家から数キロのハローワークに運転して来るのがやっとの状態。

豪雪地帯の北海道、家は山間にあって町に行くにも峠越え必須な場所です。

しかも希望のカフェまではバス・電車の選択肢もなく、冬は地元民でさえ通ることを避ける峠を車で通らないと行けません。

ペーパードライバーの私に、雪の壁が大きく立ちはだかりました。

職種、時給は気持ちの問題で乗り越えられましたが、通勤手段はどうにもなりません。ここにきて求職活動は手詰まり。。。

結局、ハローワークの職員の方に、とりあえず冬を待って様子を見たらどうですか?と言われ、2ヶ月に渡る求職活動は終了しました。


6.無職で迎えた初めての冬

希望の職が見つからず、時給に納得がいかず、やっとの思いで見つけた求人は雪のために通えない。

結局働き先は見つからず、11月半ばになって雪が降り始めてしまいました。

ヘコんでいる間に雪は積もり始め、12月にはもう真っ白な白銀世界になっていました。

一応雪の降る地域で育った旦那ですら雪道の運転にビビりまくるくらい。

容赦無く積もる雪を見て、むしろ働き先見つからなくて良かったかもな、とさえ思いました。

こうして失業中の転勤妻は、無職のまま冬を迎えたのでした。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする