転勤妻はフリーランスになってもうすぐ1年

転勤妻はフリーランスになってもうすぐ1年


転勤妻はフリーランスデビューを果たし、12月で1年になります。

9ヶ月がかりの仕事が終わり、ホッと胸を撫で下ろしました。

続けて新規の仕事をいただき、ありがたいことだと感謝しているところです。

 

フリーランスで仕事をしてみて思うことは、無理なく無駄なく仕事ができる、気楽だが孤独、利害もないが機会もない、というようなこと。

生活目線で考えると、生活の中の好きな時間に仕事を組み込めるのでとても都合が良いです。

洗濯物を回しながら、夫がお風呂に入っている隙間、など「ながら」や「スキマ」時間を効率的に使えるので、私にはとても合う。

効率的に使えるのは時間だけではありません。会社勤めの時のように人とコミュニケーションを取りながら仕事をするわけではないので、利害やら相性やらの人間関係による問題が仕事に影響することもありません。笑

「お金を得るための手段」としては本当に効率的で最高だな在宅フリーランス、です。

 

一方で、スキルという目線で考えると、足りないなあと思います。

仕事を進める中でどちらがいいか迷った時、ちょっと意見が欲しい時などその場でパッと聞ける人がいません。

取引先は元職場なのでいつでも質問や相談OKと友好的なんですが、そんなわざわざ電話やメールして聞くほどでもないか…というような事が多かったりするので、自分の中で解決させます。

ちょっとした事かもしれませんが、会社勤めには自分にない視点や発想が溢れている大切な場所だなと改めて気づきました。

そしてそもそも、仕事内容自体が個人に任せられる範囲のものなので、会社勤めの頃よりこじんまりした仕事になりました。

それ自体に不満があるわけではありませんが、プロジェクトやチームを組んでやるような仕事ではないので、成長やスキルアップの機会に乏しいなあと思う事があります。

また、考えて進めなければいけない時はある程度やりがいを感じて進められますが、単純作業になった時は他に考え事をしているか、無心でチャリンチャリーンというお金の音を聞いて作業をしている時があります。笑

あと、単純にさみしい。たまには人とランチをしたりくだらない話がしたい、誰かや仕事の愚痴を言ってガス抜きしたりと人間活動がしたいなーと思います。。。笑

 

そんな感じでフリーランスと会社勤めの違いをありありと経験した1年目でした。

 

どちらかと言われれば、フリーランスかなあ


会社勤めとフリーランス、どちらがいいかと聞かれたら…総合的にフリーランスがいいかなあ。。。

現在仕事をもらっている元職場に復帰できるなら、会社勤めしたいです。が、夫の仕事の都合上それは中々難しいと思うので。。。

そろそろ子どもも欲しいし、転勤もまだまだあるだろうし、現実的な条件を考えるとこのままいける限りフリーランスでやっていきたいと考えます。

ただ、フリーランスは収入的にも仕事的にも安定しないので気が抜けない。

今回は続けて新しい仕事をもらえたけれど、次があるかどうかがわからないという不安があります。

私のしている仕事はデザイン職の中でもかなりマイナーものなので、それをしている会社が全国的に極めて少ない。だから、新規取引先を開拓するよりも今の取引先に継続してもらえるよう頑張る方がよっぽど現実的という世界なのです。

 

ひとつ目の仕事を終えて、どうやったら次も仕事をもらえるだろうか、新しい可能性を見出してもらえるだろうかと考えるようになりました。

会社勤めをしている時は、仕事ぶりや成長を見ていてくれる目があった。でも今は成果物(結果)しか見てもらえない。今仕事をもらえているのは、会社勤めの時に築いた信頼や成果の貯金の切り崩しだと思った方がいい。

きっとこのまま受け身でいては、仕事が続かないのだろうとなんとなく感じています。そして、製作請負単価も上がらないだろうと。。。

フリーランス2年目に向けて、能動的に動いて仕事を取りに行くことをしないとなーと。

がんばるぞ。

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする