ツィリヒタロット(ZILLICH TAROT)を買ってみた

こんにちは。

ツィリヒタロット(ZILLICH TAROT)を買ってみました。

ドイツの水彩画家クリスティン・ツィリヒさんが作ったトートタロット、カラフルな水彩の絵柄がとっても綺麗です。

ZILLICH TAROT

書店の一角でやっていた、ニチユー主催の「世界のトランプ・タロット展」で見かけたのがきっかけです。

ちなみに「世界のトランプ・タロット展」は各国の様々なタロットが並んでいて面白かったです。

現物がないものはファイリングされている資料で見られるので、タロットの比較、絵柄の確認、全体の雰囲気、など見やすい展示で良かったです↓

「世界のトランプ・タロット展」イベント


絵柄のデザインや配色、雰囲気、大きさ、様々なタロットを見て、もはやタロットと一括りには出来ないのでは?と思ったほど。

ピンとくるものがあれば買うつもりでしたが無かったので、資料を見て気になったタロットを2、3個メモして帰りました。

その中で、最後まで印象に残ったツィリヒタロットを買ってみました。


ツィリヒタロット(ZILLICH TAROT)↓

缶入りなのが嬉しい。缶も可愛い。

そして何より水彩画の図柄が綺麗。色ズレもなく発色も良し、買ってよかったと思う第一印象でした。

割と購入の決め手になったカードの裏もキレイ。

大きさは、タロットにしてみればこぶり?なのかも、女性には扱いやすいサイズだと思います。「ユニバーサルウェイト・ポケットタロット」と並べるとこんな感じ↓↓

若干ツィリヒタロットのが大きいくらいで、2つとも触り心地や質感にほとんど差異なし。タロット初心者なので…使い勝手の感じまではわかりませんが。。。


ツィリヒタロットは2018年4月に発売したばかり、ネットで調べてもあまり情報が出てきませんでした。

価格は3,000〜4,000円くらいで売られているので、意外と安いけど大丈夫かな?と思ってましたが、実物を手にして安心しました。

付属の解説書↓

とても、小さい。笑

英語はあまりわからないので、パラパラとめくって終了。

大アルカナ項目に、対応する?天体が書かれてました。よくわかりませんが、後々なるほど〜と自分が成長することに期待です。

日本語の解説書付きのものも販売されているようです。


三枚引きしてみました。↓

・ディスクのナイト

・ディスクのクイーン

・ディスクのプリンス

なんか圧が凄い。。。

さあ、これからしっかり勉強なさってくださいね!的な圧をビシビシ感じました。笑

ではまた。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする