北海道・後志地方の勝手にお魚ランキング〜!

勝手にお魚ランキング


私は北海道の後志地方に住んでいます。

海が近いので、魚が美味しいです。

ということで、私の勝手にお魚ランキングです!

ちなみに北海道に来るまでのmy魚ランキングはこの通り。

1位:鮭、2位:鰤、3位:鱈、別格扱い:ノドグロ(食べる機会少ない、高い)

勝手に、なので私の好みのランキングですよ。

お魚なので、魚卵・甲殻類・貝類・イカ・タコは除きます。

 

1位:ニシン(の粕漬け)


1位はニシンです。

本州の方は、え?ニシン?と思いますよねー。

後志地方から渡島・檜山地方の日本海側は昔からニシン漁が盛んです。

地名でいうと、松前から海岸沿いをぐるっと北に、江差、寿都、積丹、余市、小樽あたりですかね。

ニシン、本州ではニシン蕎麦がありますね。身欠きニシンの甘露煮を蕎麦の上に乗っけたもの。年越しそばはニシン蕎麦というところも少なくないですよね。

私も何回か食べたことありますが、甘すぎて魚自体の味があまりわからないし、小骨が多いので食べにくいです。

そんなニシンが、北海道では色んな食べ方で楽しめます!

焼き魚、煮付け、塩焼き、酢漬け、バッテラ、etc…

私はニシンの粕漬けがダントツで好きです。

身が柔らかくて美味しいし、小骨もなぜか気になりません。

ご飯にも合うし、お酒にも合うし、何より安い。

私はいつも20~30cmくらいのニシンの粕漬けを1匹100円で購入しています。

100円て…

というわけでコスパ込みでニシン(の粕漬け)が見事1位を獲得しました。

 

ニシン漁の歴史は古くて江戸時代に遡ります。

当時の北海道は寒くて稲作ができず、アイヌの人との交易手段としてにニシン漁を始めたとか。

明治大正を経てニシン漁が盛んになり、ニシンの加工品が本州にも出回るようになったそうです。

ニシンは漢字で書くと「鰊」ですが、「鯡」とも書きます。

これは、魚に非ず=お金という意味なんだそうです。

こちらで仲良くなったおじいさんに教えてもらいました。

 

2位:ハッカク


2位はハッカクです。

ハッカクとはなんぞや?ですよね。私も北海道に来て初めて食べました。

別名トクビレという、スズキの一種みたいです。白身魚ですね。

本州ではこのハッカク、高級魚です。どおりで出会ったことないわけです。

ハッカク、見た目はやばいです。真っ黒でゴツゴツトゲトゲしててブサイク。

美味しいの?って聞いたら、魚屋のおっちゃんが美味しいよ、と言うので買ってみたのです。

ハッカクの刺身、超絶美味しいです。

ハッカクの焼き、これまた美味でございますです。

甘くて柔らかくてふわふわ…です。

ただし、自分で捌いて刺身で食べる場合、アニサキスには注意してください。

私たちは薄く切って、一枚ずづ光に透かして確認しました…手間。

高級魚と言われるハッカクもコスパ良しです。

2匹380円とかです。激安。

 

ハッカクの豆知識は特にありません。笑

ちょっと良い居酒屋とかの刺身盛り合わせで見ることが多いです。

 

3位:鮭


3位は鮭です。

鮭はもう、それはそれは美味しいですよ。

北海道に来てすぐの頃、ちょうど鮭の時期だったので夫の上司に1匹譲ってもらいました。

私1人では持つのが大変なほど立派で大きな鮭です。

その時に鮭の捌き方を教えてもらったのですが、、、解体現場は凄かったです。

夫が捌いたのですが、終わった頃には鮭の血だらけで食欲を失っていました。笑

私は腹から取り出した筋子でイクラを作りました。

ボウルにのせた網の上でコロコロとイクラの粒を落とします。なんのことない作業ですが、時間がかかりました。

醤油に浸けて数日置いて出来上がりです。小瓶に小分けにして冷凍保存しました。

 

鮭の食べ方は本当に色々あります。

切り身は塩、塩麹、味噌など下味をつけて冷凍しておきます。いつでも食べられます。

身の端きれは小さく切って辛めの塩で冷凍します。おにぎりに最適です。

アラは三平汁に使います。鮭は捨てるところがないんです。

ちゃんちゃん焼きも美味しいですよー。

 

ちなみに、この辺りでも河川に遡上した鮭の漁は禁止です。

時期になると、河口付近(でも海)で鮭釣りをしているおじさんをよく見かけます。

いつか混ざってみたいなと思います。

 

以上、私の勝手にお魚ランキング(後志地方)でした。

他にも、寿都の生しらす、ホッケ、柳の舞、ソイ、宗八ガレイ、鱈、いーっぱいあるんです。

良いですよー北海道。

ベルタこうじ生酵素

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする