増えていると思っていた農業人口、増えてるわけがなかった日本の食料自給率

農業農業言ってる割には全然農業に関する記事ないじゃねーか。

と思いました。

無知すぎて書けませんで、の言い訳とともに第一歩を踏み出します。

 

日本の農業人口は減り続けている


人生で初めて見たかもしれません、農林水産省のHP

TOPにこよみが載っていてオシャレ。

早速調べてみました、農業人口

昭和25年をピークに減少、平成に入ってからは激減。

平成28年度の農業従事者は人口の3.5%

え?なんで?

ここ数年は農業人口増えていると思ってました。

だって、最近スローライフとか、農ある暮らしとか、自然と生きる、とか流行ってじゃないですか。

脱サラして農業や、I・Uターンで農家に転身、とかよく聞きますよ。

っていうのは、私がそれに関心があっただけなんだと気づきました。

私の周りには、田舎暮らしや自給自足に関心のある人が多い。

農学校では、農業を見据えて実際行動している人がいる。

そういう方向に世間の関心が向いていると思ってましたが、向かっていたのは私でした。

現実はそうではないことを知りました。

 

なんで農業人口は減っていくのか


なぜ農業人口は減り続けるのか。

就農者の高齢化と後継者不足が深刻なようです。

これは重たい問題だ。

担い手の動向という資料を発見しました。

新規就農者の確保・育成が課題、支援制度も色々ある。

なるほど。

高齢化問題は農業に限らず、日本の大きな社会問題ですね。

後継者不足、気になります。

新規就農者への支援制度、これも気になります。

後日詳しく調べてみることにします。

 

日本の食料自給率も減っている


農業人口激減を知って、食料自給率が気になりました。

昭和40年のカロリーベースの自給率は73%

平成28年のカロリーベースの自給率は39%

減りすぎだろう。

単純に生産量の減少だけではなく、食生活の変化も関係しているようです。

今読んでいる「兼農サラリーマンの力」に書いていたことを思い出しました。

カロリーベースの自給率は、国内食糧生産量を国内消費量で割ったもの。

大量の食品ロスという飽食問題を解決すれば、カロリーベースの自給率50%に上がる。

そうか、それでも低いな。

数字だけをみると危機感しかないですね。

 

こんな数字だけ見てても農業はできないんですけど…

これは農業の基礎の基礎のメモということで。

今回の記事内のリンクの出典は全て農林水産省のHPからです。

 

セブンウォーター

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする