刺激物が食べられない、それでも食べたい克服チャレンジ「梅干し」

今年、自分で梅干しを作り始めて3年目になりました。

私が梅干しを作り始めたきっかけは、刺激物克服への挑戦でした。

 

ずっと刺激物克服チャレンジ


私はわさび、からし、一味、生姜などの香辛料があまり食べられません。

刺激物が合わないようで、味覚が子どもというかなんというか。

でも辛いものは好きです。

インドカレーやグリーンカレー、大好きです。

好きなので無理して食べますが、後で後悔します。でも食べる、の繰り返しです。

あまりにも苦悶の表情で食べるので、周りはやめときなよ…と冷ややかですが。

 

炭酸も痛くて飲めません。たまにいますよね炭酸飲めない人、あれです。

口の中で爆発して痛い、飲み込むなんてとんでもないという感じです。

炭酸も何回も練習しましたが、克服できませんでした。

社交の場でビールは飲んだフリ、割り箸を突っ込んでから飲むなど、不便してきました。

 

辛いものを存分に楽しみたい、薬味を美味しく食べたい、コーラもビールも美味しく飲みたい!

ずーっと思い続けて、今もずーっと憧れてます。。

 

諦めない、梅干しの追求「白干し」


特に梅干しが駄目でした。

辛いものは我慢できても、梅干しだけはどーしても食べられませんでした。

梅干しおにぎりに憧れて何度泣かされたことか…

梅も無理なんだわーと諦めてたんですが、成人して気づきました。

梅酒は飲める。

しかも、梅酒に入ってる梅の実も食べられる。

梅ソーダ(炭酸)が飲めないので気づきませんでした。

 

友人に、梅酒の梅の実が大丈夫なら原因はシソじゃないか?と言われました。

シソ?

確かに。シソ食べられません。ゆかりちゃんも食べられません。

じゃあ、梅干しの白干しなら食べられるかもしれない?

梅干しの白干しとは、シソを一緒に漬け込まない梅干しのことです。

近くのスーパーでは売っていなかったので、自分で作ってみることにしました。

和歌山の完熟梅を注文して、お塩にもこだわりました。

望みをかけた梅干しの白干し、すこーしだけ食べられました!奇跡!

梅干し食べられたよ私ー!(泣)という感動が半端なかったです。

ただ、塩辛&酸っぱいが刺激的すぎて、本当にちょっとづつしか食べられませんでした。

 

食べたいという強い気持ちが勝利を勝ち取りました。笑

とまあ、そんな感じで梅干し作りは3年目となりました。

そんなことを思い出しながら今年の梅干しを作りましたので、それは次回に続きます。

たんぽぽ茶

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする